ふわふわ!たまごの森!

何かしらのご紹介雑記ブログ

古いかも知れないが魁!!男塾を勧めてみる。

 

漫画は素晴らしい。世界に誇れる文化である。

 

この私、もう何十年と漫画と付き合ってますが、近年に置いては電子書籍化も進み何時でも何処でも場所を取らずに好きな漫画を読める様になり本当にいい時代になりました。

 

それを踏まえてこの場を借りて一言お礼申し上げます。

 

幼き頃より現在に至るまで余暇の楽しみ、元気、希望を与えて下さった漫画家の方々、編集者の方々に深く感謝申し上げます。

 

 

 

それでは面白い作品や感動する作品も数多い中、決して万人受けはしないと思いますが、私が若き日に連載され現在も続編やスピンオフで続いている男の漫画をご紹介致します。

 

f:id:tanuron:20201123001439j:plain

魁!!男塾1985年~1991年 宮下あきら 集英社

 

いや、何が凄いかって?

言葉では説明出来ない男の世界!男の美学!男の在り方!

男の漫画です。(女性キャラなどほぼ出ません)

 

話しとしては・・・

全国の行き場の無くなった不良達を私塾の男塾が引き取り厳しい男修行を通して男を磨いて行くと言う話しなんですがここが又凄い所で・・・

 

まず塾長が・・・

 

わしが男塾塾長江田島平八であるー!!

 

と挨拶しただけだけで校舎にひびが入り、ガラスが割れます。

 

そのひと言に教官達は

「いつ聞いてもズシリと重たいひと言じゃ」

「感無量 今のひと言にすべてが集約されておる」

とは感銘します。

 

そう、何事もこの一言で伝わるんです・・・

 

男塾は洋楽禁止!

洋楽は若者の脳ミソを腐らせる電波が入ってる!

男塾で認められているのは君が代と軍歌だけ!

 

何時の時代ですかここは? 

 

そして男塾と言えば名物!

色々な名物があります。

 男塾名物 羅惧美偉(ラグビー

     僕針愚(ボクシング)

     愕怨祭(ガクエンサイ)

男塾名物には常に男らしい当て字が使われます。

そして必ず命をかけて戦わなくてはなりません。

(男の道はハードなのです)

 

 

そして男塾と言えば死闘!

(学生なのに何故か剣の達人や拳法使いが数多くいます)

 

男塾は常に戦いです。

 男の世界は敗北=死です。負けれません。(ToT)

 

もし負けて死んじゃっても・・・

 

死亡確認!死体を場外へ運びだせい!

 

と誰かが死ぬ度に死体回収している王大人と言う中国拳法最高峰の寺出身の塾長のお友達が中国4000年の秘術でしっかり蘇らせてくれます。

 

そして死闘が終わると敵は感銘して男塾に入塾します。そして次の敵に立ち向かいます。

 最後の方は戦う仲間が倍々で増えて20人近くになってた様な・・

(チーム戦だから)

 

そこまで人数が増えると当然出番のない人達も出て来ます。しかしその人達にもちゃんと役割があります。

 

お笑い要員や敵の拳法の解説者です。

(だいたい誰かが敵の拳法を知っています。)

 

男塾の魅力!

 とにかく画力に迫力があり戦いにも緊迫感がありかっこいいです。

男とは如何あるべきか?を闘いを通して教えてくれる漫画です!

連載当時は次号が待ちどうしくてしかたありませんでした。

今の人が見たらちょっと古臭いと思うかも知れないけど男の為の男が読む漫画!

男性に勧めたい一作です。

 

男塾万歳ーっ!!